交通事故

交通事故に遭ってしまったら

交通事故後の対応が、よくわからないのは当たり前です。
非日常的な『交通事故』を起こした直後は、パニックになり、対応を間違えてしまいやすいのも事実です。
交通事故に遭わないように、安全運転を心掛けて頂くのはもちろんですが、万が一、事故に遭ってしまった場合は、慌てず、冷静に対処しましょう!
交通事故後の流れを下記にまとめましたので、覚えておいて下さい!

@車等や人を安全な場所に移動し、怪我の有無や程度を確認する

後ろからの追突など2重事故を防ぐためにも、まずは安全な場所へ避難してください。
もし、怪我人がいる場合、必要があれば救急車を呼んで下さい。

A警察に連絡する

どんな軽微な衝突であろうと交通事故に遭ったら必ず届出を行ってください。
交通事故が発生した直後は興奮状態にありその時はあまり症状を感じなかったのに後から症状が現れるようなケースも多いからです。もし届出をしないと、その後治療が必要になった場合でも保険金の請求に必要な交通事故証明書が発行されません。

B被害者・加害者の氏名・連絡先や相手の保険会社の確認 

C整骨院へ連絡

当院にお電話を下さい。
その後の手続きのアドバイスや症状に関してのお話もさせていただきます。

D病院で検査・診断書を貰う

レントゲン撮影などで異常がないかどうかを検査します。
その時はあまり症状を感じなかったとしても、怪我をした直後は興奮状態ですので、後日むち打ちなどの症状が現れる可能性が十分にありますので「レントゲンに異常がなかった」からといって油断は禁物です。

E診断書を貰って警察に提出

診断書を提出しないと人身事故扱いにならない場合がありますので、必ず警察にも診断書を提出して下さい。

F整骨院で治療開始

交通事故による「むち打ち」をはじめ、後遺症の早期回復を目指します。症状が軽くても油断せず、しっかりと治療を受けるようにしましょう。「事故直後はそれほど痛みが無かったので、すぐに治療をやめてしまった為に今になって痛みが辛くなってきた」とおっしゃって来院される方が非常に多いのが交通事故の一つの特徴ではないでしょうか。当院ではこのようなことを防ぐために、軽微だと思われる症状でも適切に治療をしていきます。
むち打ちの場合3ヶ月〜6ヶ月程度の治療期間を目安にしっかりと治療をおこないます。損害保険終了後、後遺症を発症してしまうと施術費は自己負担になりますので、この期間はしっかり通院してください。

むち打ち 交通事故 むち打ち 交通事故
交通事故後の対応や施術についてお問い合わせ・ご予約はこちらから

交通事故の後遺症を残さない為に

交通事故なんて自分には無関係。運転には細心の注意を払っているから交通事故にはならないとほとんどの人が思っていると思います。
ところが交通事故の80%は追突事故といわれています。ご本人が注意しているにも関わらず他人によって交通事故に巻き込まれてしまう事が現実にあるのです。

むち打ち

追突事故による受傷で一番多いのは、頚椎捻挫といういわゆる「むち打ち」です。
むち打ち」によって熱頭痛・めまい・首から肩の痛みしびれなどのさまざまな症状を引き起こす可能性があります。 交通事故によって引き起こされた「むち打ち」は追突された際に首がムチのようにしなる事から「鞭打ち(むちうち)」と呼ばれます。このようにむち打ちは首や背中・腰に過大な力が加わり、首の周りの筋肉・神経・靭帯・関節を傷め、捻挫の状態になり熱を発生します。特にその熱が神経を伝い、頭痛・めまい・痛み・しびれを発生させ、症状をひどくさせている原因になっています。

むち打ち

交通事故により首・肩の痛み、しびれだけでなく、体のいろいろな所に症状を感じる方、病院でレントゲンでは「骨には異常ありません」「シップや薬を出しておくので痛かったらまた来て下さい」などと言われてしまいお困りの方は是非一度ご相談下さい。
交通事故の直後は「たいしたことない」「症状が軽い」と思っていても油断は禁物です。後遺症を発症してしまわない為には早い段階での施術が必要不可欠です。

交通事故後の対応や施術についてお問い合わせ・ご予約はこちらから